Moneygame2 ホーム » 日記 »30円で証明写真を作る方法

30円で証明写真を作る方法  

170223-2.jpg

いつも思うんだけど、証明写真って自分の中では500~600円くらいのイメージなんだよね。
今回は失業保険の手続きで写真が必要になったんだけど、近所の証明写真が800円とか900円で高いなと思ったのでいろいろ調べてみたら、30円で証明写真を作る方法があったのでやってみた。

1.スマホで自撮りする

インカメラだと画質が悪いし、かと言って背面のカメラで証明写真用に自撮りするのは難しかったので、三脚の代わりに洗濯バサミで無理やり立たせてセルフタイマーを使った。
どうしても手で持って撮ると肩が上がったりして不自然な感じになるんだよね。

170223.jpg

2.アプリで証明写真用にサイズを調整する

今回は証明写真ツールというアプリを使った。
写真をメールで送ると証明写真用にサイズを調整して返信してくれるアプリなんだけど、でもこれが思ったよりもポンコツで、顔の自動認識の精度があまり良くないのか10枚くらい送って使えるのは1枚しかなかった。

本当は履歴書カメラにしようと思ったんだけど、スマホが対応してなかったんだよね。
他にもいろいろ証明写真用のアプリはあるけど評価も様々なので、面倒ならセブンの200円の証明写真を利用した方が早いかも。

3.コンビニでプリントする

コンビニのマルチコピー機で普通の写真(Lサイズ)としてプリントするだけ。

今回は便利そうなのでセブンのnetprint 写真かんたんプリントというアプリを使ってみた。
SDカードとかWiFiでもいいんだけど、ネットで事前に予約して現地では予約番号を入力するだけなので早いし楽だと思う。

◇やってみた感想
少し手間はかかるけど圧倒的に安いのでやる価値はあると思う。
街の証明写真と違って気が済むまで撮り直しも出来るし、データがあればわざわざ写真を撮らなくても何回でも作れるので、一度ちゃんと作っておけば数年は使えるんじゃないかな。

category: 日記

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

カウンター

▲ Pagetop